レシテーションコンテスト&多読マラソン 表彰準備

教室では、7-8月中は多読マラソン、11月はレシテーション(暗唱)コンテストを行います。

多読マラソン

7-8月中、単語の読破数を競います。また、冊数も競います。

それぞれの部門で競いますが、毎年、語数は高校生、冊数やページ数は大抵小中学生が強いです。

今年の多読マラソン「語数部門」での優勝者は、90万語を読破、「ページ部門」では1,000冊を超えて読んだ子たちがいました!!

毎年レベルの高い争いが繰り広げられますが、今年も上位者はかなりの量を読んでいました。

多分、夏休みは本ばかり読んでいたんじゃないかな〜(笑)

レシテーションコンテスト

11月中、30秒から1分間の間で暗唱したストーリーや記事を覚えて発表します。

今年も去年に引き続き、コロナのせいで、マスクを取ってクラスメイトの前で発表。。。ということは出来ませんから、自分の動画を撮ってもらって教室に送ってもらいました。その送ってきてもらった動画を見て優勝者を決定します。

動画を送って来るという形のため、何度も撮り直しが出来ますから、皆さん、本当に素晴らしい発表を送ってきてくれて、甲乙つけがたい出来です♪

↓何度も皆さんの発表を見て採点中

表彰準備

今日は、上位者表彰のための賞品を準備していました。入賞者の数がそれなりに多いので、結構時間が掛かりますが、表彰すると、多読マラソンの上位者は、嬉しいような困ったような顔をしながら受け取りに来る姿が印象的です。それに対して、レシテーションコンテストの上位者はガッツポーズをしながら受け取りに来るような賑やかさなのが特徴です。

やはり、「読む」という競技だから大人しく、「発表する」という競技だから賑やかなんでしょうかね(笑)

今年はどんな感じで受け取りに来るんだろう。。。w

2021年度 レシテーションコンテストの結果
今年もレシテーションコンテストが予定どおり開催されました 開催された、と言っても、まさかマスクを外して皆さんの前で発表。。。はできませんので、自分で動画を撮って送ってもらいました。 今回の題材は、小学生はお話から、中学生以上は英検の文単から好きな題材を選んで、1人30秒から1分間で発表をしてもらいます。 教室のレシテーションコンテストは「原稿どおりに発表できているか」が何より大事です。一語でも抜けていれば、どんなにパフォーマンスが良くても一次審査に通りません。 今年は20名以上の生徒さんが一次審査を通過しました♪ 小学生〜大人まで一斉に行いますが、小学生だから高校生に勝てない、とか、高校生だから有利、とか、そういうものは一切なく、年齢関係なしに勝負します。 今年は、どうしても甲乙つけられず、 1位 高3、中2の生徒さん2人 2位 中3の生徒さん2人 3位 中1の生徒さん という結果になりました。他にも本当に素晴らしい発表で、かなり悩ましい審査結果となりました♡ 2年連続で優勝できたらなと思っていたので嬉しいです!!自分が納得いくまで何度も何度も撮り直し、原稿のチェックもしっかり行った成...
毎年夏休み中に行われる多読マラソンについて
教室では7月に入ったらすぐぐらいに「多読マラソン」というコンテストを行います 多読クラス全員で「どれだけ読んだか?」を競います。 この時期は、生徒さんが読む量は軽く倍になります。皆さんが集中して英語に触れる大事な時期でもあります。この期間に多くの本を読んだ方は、秋からの英語力の伸びが読んでいない生徒に比べて格段に違います。 2024年度のルール 期間 7月1日(月)〜8月31日(土) 部門 小学生(多読クラス):冊数を競います 中学生以上(多読クラス):語数を競います 中学生の冊数争いができるのは小学生と多読経験が少ない方(1年未満)に限ります 読み方 2−3回読みトレーニングは一切禁止となります 同じ本を読んでも良いですが、多読手帳の1ページ内に同じ本を書くことはできません 同じ感想&メモが書かれている場合は無効となります 貸し出し点数&期間 紙の本 貸し出しは上限25点までとします オンラインの本 貸し出し用のアカウントを時間貸しします(無料です) 漫画 準2級以上&50万語(どちらが欠けても不可)を読んでいる中学生(ただし語数により制限がかかるので借りられない人も多いと思います)...
タイトルとURLをコピーしました