YL3

YL2(2.0-2.9)

YL3 Sylvester and the Magic Pebble

題名: Sylvester and the Magic Pebble著者 : William Steig出版社: AladdinYL: 2.5-3.0語数: 1,425 邦訳『シルベスターとまほうの小石』 シルベスター・ダンカンというロバの少年は小石集めが大好きで、 ある日、不思議な赤い小石を見つけます。 その小石には願いを叶える力がありました。 シルベスターはライオンから逃げるために、パニックになり自分を岩に変えるように願ってしまいますが、 その後、小石を持てないため元の姿に戻れなくなってしまうのでした。 物語は、シルベスターの両親が彼を探し回る姿と、その悲しみと心配を描きます。 最終的に、家族がピクニックの途中で岩になったシルベスターを見つけ、 奇跡的な展開で再会を果たします。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts;(b.q=b.q||,e.appendChild(d))})(wind...
YL3(3.0-3.9)

YL3〜 ケンブリッジ(Cambridge)リーダーズの本

ケンブリッジリーダーズ(Cambridge Readers) ケンブリッジ大学出版局が提供する英語学習者向けのグレーデッド・リーダーシリーズです。 各レベルに応じた語彙と文法で書かれた本が揃っており、初心者から上級者まで幅広く対応しています。 物語はミステリー、恋愛、歴史など多岐にわたり、学習者が興味を持ちながら英語の読解力を高めることができます。 Level3のご案内 How I Met Myself 題名: How I Met Myself 著者 : David A. Hill出版社: Cambridge University PressYL: 3.6-3.8語数: 12,597 ブダペストに住むジョン・テイラー(John Taylor)というイギリス人のコンピュータープログラマーが主人公です。 ある雪の夜、彼は自分自身の「ドッペルゲンガー」(自分と全く同じ姿をした人)に出会います。 驚きと不安の中で、彼はその謎を解き明かそうとします。 ミステリーとサスペンスの要素が強く、読者に緊張感を持たせながらも英語の学習を助けるように工夫されていて、かなり物語に引き込まれます! 物語の進行と...
YL3(3.0-3.9)

YL3.2 A Short Tale about a Long Dog

題名:Young Hank Zipzer 2: A Short Tale about a Long Dog 著者: Henry Winkler/ Lin Oliver イラスト:Scott Garrett 出版社 ‏ : Walker Books YL: 3.2 語数: 8,371 CD:なし 2023年6月現在:絶版 Hankはお勉強が超苦手な少年です friendのスペルも全く分からず、スペリングのテストもかなり低い点数しか取れません そんな彼が喉から手が出るほどほしいものは、犬でした 彼には妹がいて、ペットのイグアナを飼っているのですが、「自分のペット」というのが羨ましく 自分も犬がいたら、と夢見るのでした そこで、お父さんはHankに全教科を頑張っていい点が取れるなら犬を飼っても良いと言い出します 「全教科」というところにためらいを感じながらも、犬が欲しいと願うHankには他に選択肢がありません Hankは頑張ることを誓うのでした YL3一覧はこちら
YL3(3.0-3.9)

YL3.3 The Falcon’s Feathers 7,143w

タイトル:The Falcon's Feathers(A to Z Mysteries)YL:3.3語数:7,143語ページ数:87pレベル:会話文体なので、英検などの級は関係ないです。自然な英語によく触れている方は簡単ですが、教科書英語とか塾英語とかにどっぷりの人だとかなり苦しいと思います。ペーパーバック音源は古くて手に入りませんでしたが、オーディオブックで購入可能のようです ファルコンウォッチングをしていたJoshは、ある日巣の中にファルコンがいないことに気づきます。 残っているのは羽だけでした。 環境保護センターの職員に来てもらって相談をしてみましたが、ファルコンの行方は分からずじまい。 ペットショップのオーナーや獣医にも手伝ってもらいながら手がかりを探していきます。 YL一覧はこちら
YL3(3.0-3.9)

YL3.8 Life on the Refrigerator Door 13,000語

タイトル:Life on the Refrigerator DoorYL:3.8語数:13,000語ページ数:226pレベル:会話文体なので、英検などの級は関係ないです。自然な英語によく触れている方は簡単ですが、教科書英語とか塾英語とかにどっぷりの人だとかなり苦しいと思います。ペーパーバック音源あり(CD)邦訳「冷蔵庫のうえの人生」 母と娘が冷蔵庫のドアにメモを貼って会話をする、という設定です。 仕事で忙しい母親と15歳の娘クレアは顔を合わせる時間がとても少なかったので、その日にあったことや頼み事などをメモに書いて冷蔵庫のドアに貼りながらコミュニケーションを取っていました。 ある日、母親の体調に異変が起こり、娘との関係が徐々に変わっていきます。 時には励まし合い、時には傷付き合い、感情をぶつけ合いながら、クレアが大きく成長していく過程が分かります。 1年間分の母娘のメモの内容だけがつらつらと書かれている本なのですが、心にぐっと来る作品です。 life on the refrigerator door trailer YL一覧に戻る
YL3(3.0-3.9)

YL3〜 SADAKO and the Thousand Paper Cranes

タイトル:SADAKO and the Thousand Paper CranesYL:3.0〜語数:5742語ページ数:80pレベル:英検2級のリーディングが楽に読めるなら問題なく読めます。児童書音源:キンドル 1977年に出版された子供向けの歴史小説「サダコと千羽鶴」のお話。 広島の原爆投下時に生まれたサダコは走るのが大好きな少女だった。 ある日学校の徒競走で身体の異変を感じ、その後病院で検査をすると白血病と判明。 病気が回復するよう千羽鶴を折って願を掛ける。 多くの言語に翻訳され、平和教育プログラムで使われている。 YL3あるので、読み応えありますが、平易な英語で書かれているのと内容の面白さが楽しめるのでスッと頭に入ると思います。 YL一覧に戻る