生徒に「先生」ではなく名前を呼ばせているワケ

ブログ

私の生徒は赤ちゃんから大人まで、私のことを「アキ」または「アキさん」と呼びます

私は「先生」と呼ばれても反応しません

これは私が生徒より「一歩上にいない」ということを「私が」意識するためのものです

「先生」という呼び名は良くも悪くも

生徒より「目上」の人になってしまいます

金持ちは金持ちの考え方になり

政治家は政治家の考え方になります

当然、先生は先生の考え方になって、その振る舞いも変わって、その形に擬態していきます

上の立場になればなるほど

訂正されると不快感を感じてしまいます

また、生徒との距離も離れていきます

私は自分がずっと学習者でいたいんですね

生徒と同じ立場でいたい

多読指導はしても、サポーターであり続けたいと心から思っています

だから、生徒には「先生」と呼んでほしくないんです

そんなの詭弁だ、と言う方もいるでしょう

でもこの呼び名は私にとっては大事なバリケードなのです

だから、どの年代の生徒さんも名前で呼んでもらってます

そのおかげで、小さい頃から一緒にいる生徒さんとの距離は本当に近く、いろんな話をできる子が多いです💕

タイトルとURLをコピーしました