ウェルスダイナミックス(Wealth Dynamics)

ブログ

ウェルスダイナミクスという言葉を知っていますか?

ウェルスダイナミックスは、

人の性格や得意なことを8つのタイプに分けて、

それぞれに合った働き方や学び方を教える方法です

たとえば、絵を描くのが得意な人と、スポーツが得意な人では、

勉強の仕方や仕事の仕方も違うので、自分に合ったやり方を見つけることが大切です

8つのタイプ

  1. クリエイター(Creator): 新しいアイデアを考えるのが好き
  2. スター(Star): 人前で話したり、注目を集めるのが得意
  3. サポーター(Supporter): みんなと一緒に働くのが好き
  4. ディールメーカー(Deal Maker): 人と話して交渉するのが得意
  5. トレーダー(Trader): 良いタイミングを見つけるのが上手
  6. アキュムレーター(Accumulator): 物事を計画的に進めるのが得意
  7. ロード(Lord): 効率よく物事を管理するのが上手
  8. メカニック(Mechanic): システムを作ったり改善するのが好き
WD_Square_Original_2
 日本適性力学協会公式サイト https://jwda.org/whatiswd/

それぞれのタイプに合った方法で勉強すると

自分の力を最大限に発揮できるようになります

プロファイルに適した学習方法を具体例を挙げながら説明しますね!

クリエイター(Creator)

特徴: 創造的でアイデアを生み出すのが得意

新しいことに挑戦するのが好き

適した学習方法の具体例:

  • プロジェクトベース学習: 自分で英語の短編小説や詩を書くプロジェクトを立ち上げる
  • ブレインストーミング: 新しい単語やフレーズを使って物語や詩のアイデアを出すセッションを行う
  • 実践と実験: 自分で作った英語のクイズやゲームを友達と一緒に試す

スター(Star)

特徴: 人前での表現が得意で、カリスマ性がある

注目を集めることを楽しむ

適した学習方法の具体例:

  • プレゼンテーション: 学んだ英語表現を使って、自分の趣味や関心についてプレゼンテーションする
  • グループディスカッション: 英語でのディスカッションクラブに参加し、様々なトピックについて話し合う
  • 実演とデモンストレーション: 英語のスピーチやドラマを実演する

サポーター(Supporter)

特徴: 人間関係を築くのが得意で、チームプレーヤー

協力とサポートを重視

適した学習方法の具体例:

  • グループワーク: 誰かと協力して英語のプロジェクト(例えば、英語で短編映画を制作)に取り組む
  • メンタリング: 英語を学び始めたばかりの友人をサポートしながら、一緒に学ぶ
  • コミュニケーション活動: 他の学習者やネイティブスピーカーと交流する

ディールメーカー(Deal Maker)

特徴: 交渉力があり、人とつながるのが得意

柔軟で状況に応じて対応できる

適した学習方法の具体例:

  • ロールプレイ: ビジネス交渉や日常会話のシミュレーションを行う
  • ケーススタディ: 実際のビジネスケースを英語で学び、その解決策をディスカッション
  • ネットワーキング: 英語のネットワーキングイベントや交流会に参加し、ビジネス英語を実践する

トレーダー(Trader)

特徴: タイミングとバランスを重視し、現実的で安定を求める

適した学習方法の具体例:

  • シミュレーション: 英語のニュース記事を使って、市場の動きを予測するシミュレーションを行う
  • フィードバックループ: 自分の英語日記を書き、定期的に振り返りながら改善点を見つける
  • 実務経験: 英語を使うアルバイト(例:観光案内所やホテル)で実際に経験を積む

アキュムレーター(Accumulator)

特徴: 収集と蓄積が得意で、計画的に物事を進める

適した学習方法の具体例:

  • ステップバイステップの指導: 英語の文法や単語を段階的に学べるオンラインコースを受講
  • データ分析: 自分の英語のテスト結果を分析し、弱点を強化するための学習プランを作成
  • 自習と反復練習: 毎日少しずつ新しい単語やフレーズを覚え、定期的に復習

ロード(Lord)

特徴: 管理と最適化が得意で、効率性を重視する

適した学習方法の具体例:

  • プロセス分析: 英語の学習進捗を管理するためのスプレッドシートを作成し、進行状況を定期的にチェック
  • 詳細な計画: 英語学習の長期的な目標を設定し、週ごとに細かい学習計画を立てる
  • 継続的な改善: 学習内容を定期的にレビューし、効率的な学習法を見つけて改善

メカニック(Mechanic)

特徴: システムやプロセスの改善が得意で、完璧主義

適した学習方法の具体例:

  • 実験と改善: 英語学習アプリを使って自分の進捗をトラッキングし、効果的な学習法を見つけて改善
  • 技術的な学習: 新しいオンラインツールやリソースを活用して、効率的に英語を学ぶ
  • プロトタイプ作成: 英語のプレゼンテーションやエッセイを作成し、フィードバックを元に改良

多読はどのタイプが一番向いてる?

多読は基本的にどのタイプにも効果的ですが、

特に以下のタイプに向いていると言えます

アキュムレーター(Accumulator)

特徴: 物事を計画的に進めるのが得意で、知識を集めるのが好き

理由: アキュムレーターは情報をコツコツと蓄積するのが得意なので、

多読のように継続的に大量の情報を吸収する学習法に適しています。

計画を立てて定期的に本を読むことが自然にできます

ロード(Lord)

特徴: 効率よく物事を管理するのが上手で、

細かい作業を厭わない

理由: ロードは多読を計画的かつ効率的に進める能力があります

読んだ内容を整理して記録することが得意なので、

多読を通じて得た知識をしっかりと管理し、理解を深めることができます

メカニック(Mechanic)

特徴: システムを作ったり改善するのが好きで、

細かいところまできっちりと理解したい

理由: メカニックは多読を通じて知識の体系を理解し、情報を細かく分析するのに適しています

本を読むことで得た情報を使って、自分の知識のシステムを作り上げたり、改善することに喜びを感じます

多読をうまく進めるためのポイント

  • アキュムレーター: 読書の計画を立てて、毎日少しずつ進める。読んだ本のリストを作り、感想を書き留める。
  • ロード: 読書ノートを作り、要点を整理。効率的に本を選び、必要な情報を素早く取り出す技術を磨く。
  • メカニック: 読んだ内容を実生活や他の知識と結びつける。要約やレビューを書くことで理解を深める。

これらのタイプは、多読のメリットを最大限に活かしやすいです

でも、もちろん、他のタイプの人でも、多読のやり方を工夫することで、

効果的に学習を進めることができますよ!

タイトルとURLをコピーしました