日本における多読の歴史は浅いですが急速に発展しています

ブログ

日本における英語多読(英語の多量の読書)の歴史は、比較的新しいものですが、

その発展は急速です

多読の起源と導入

1990年代

英語教育の一環として多読が注目され始めました

特に、英語教育研究者や教育機関によって、

読書が英語学習者の語彙力や読解力の向上に大きく影響することが認識されるようになりました

2000年初頭

古川昭夫氏と酒井 邦秀氏が「多読」に関する著書を発表し、

多読の重要性を広く伝える活動を開始しました

彼らの影響力により、多読は日本の英語教育の一部として受け入れられるようになりました

多読の普及

2000年代前半

多読の利点が徐々に認識され、段階別読み物(グレイデッド・リーダーズなど)が売り出されました

また、多読を導入する学校や教育機関が増加しました

2004年

SSS多読研究会」(NPO法人)が設立されました

SSSは「英語多読・多聴の実践的な研究と普及」を目的とし、

多読を推進するための活動やコミュニティを作りました

多読の教育現場への定着

2000年代後半

大学や高校などの教育機関で多読プログラムが導入されるケースが増加します

多読をカリキュラムに組み込むことで、学生の英語力向上を目指したのです

2010年代

電子書籍やオンラインリソースの普及により、多読の手法がさらに多様化します

お金がかかるはずの本に手軽にアクセスできるようになりました

2014年

文部科学省が英語教育の改善・充実を図るために、学習指導要領を改訂し、

その中で「多読」を取り入れることが示されました

これは、従来の文法や翻訳中心の学習から、

より実践的な英語運用能力を育成する方向への転換を目指したものです

現在の状況と未来

2020年代には、多読は日本の英語教育における主要なアプローチの一つとして定着します

オンラインプラットフォームやデジタル教材の普及により、多読がさらに促進されています

また、多読に関する研究も進展し、その効果についての科学的な証拠が蓄積されることとなりました

主要な要素とその影響

教材の多様化

グレイデッド・リーダーズ(難易度別の段階的読み物)の普及により、

学習者は自分のレベルに合った本を選びやすくなりました

テクノロジーの進化

電子書籍リーダーや多読専用アプリの登場により、

学習者はいつでもどこでも読書ができるようになりました

教育政策の支援

一部の教育機関では、多読が英語の授業の一部として公式に採用され、多読の普及が促進されました

日本における英語多読の歴史は、教育者の努力とテクノロジーの進化に支えられ、今後もさらなる発展が期待されます!!

タイトルとURLをコピーしました