多読を通して英語の素地を作り、そして一気に受験へ

ブログ

教室には4技能クラスという受験クラスがあります

共通テストを始めとするグローバル英語の試験対策のクラスなのですが、

来年度からは高校受験にも適用するために高校の入試問題の検証をしています

埼玉県の公立高校の入試問題は日本一難しい😓

多くの技術が使われていて、「ただ読めればOK」というテストではないのです

これを「ただ読めれば良い」と指導してしまうと

3年後に襲いかかってくる大学受験に対応できなくなってしまうんですね

でも、そうは言っても、読めなくちゃ話になりません(笑)

そこで、問題の語数を数えてみることにしました

ざっと数えると、埼玉県(選択問題)は2000語ぐらいでした

神奈川県は2500語ぐらい

東京都は3000語を超えていました😅

そこで、「埼玉は少ないじゃん!」と思ったらいけませんよ?

埼玉は要約があったり、まとまった文を書いたり、とにかくいろいろな技術を駆使して解かないといけないんですね

大まかに言っても

速く正確に読む技術と

要点を取る技術(スキミング)と詳細を取る技術(スキャニング)と

文法を耳で捉える技術と

英語の論理2つを徹底的に頭に入れないといけないのです

ただ解いて、答え合わせをして、音読したり、何度も解き直せば良いのではありません

かなりのマルチタスクが要求されます

そこをしっかり検証して、生徒さんには最短距離で点を稼げるようにしていきたいと思います

英語が得意だと思っているのになかなか伸びない中学生&大学生の皆さん

世界基準の英語学習を一緒に頑張りませんか?

タイトルとURLをコピーしました